モットン マットレスとトゥルースリーパーを徹底比較!

モットンのマットレスとトゥルースリーパーを比較しています。

 

どちらも高反発タイプのマットレスですが、比較したところ、モットンの方が高反発で厚みも2倍。

 

ただし、トゥルースリーパーの価格の手軽さを考えると妥当な気もします。

 

ここでは反発力などの他、それぞれの特徴とメリットを比べて、腰痛対策にはどちらが向いているのかをまとめてみました。

 

基本データ徹底比較表

まずはモットンのマットレスとトゥルースリーパーの高反発タイプ、cero(セロ)の基本データをまとめてみました。

 

こうして見ると価格以外にも違いがあります。

商品名

モットン マットレス

トゥルースリーパー cero

費用(税込)

シングル
59,800(39,800)円

シングル
24,624円

セミダブル
69,800(49,800)円

セミダブル
26,568円

ダブル
79,800(59,800)円

ダブル
28,944円

キング・クイーン
取り扱いなし

キング・クイーン
取り扱いなし

厚み

10cm

5cm

反発力

100N・140N・170Nの3タイプ

108Nと111Nの2層構造

素材

1枚もの平形ウレタンフォーム
復元率:96%

網状素材の「ナノブリッド®」
硬わた素材の「ファイバークッション」

耐久年数

10年

明確な設定はなし
(商品保証1年)

返金保証

商品到着後91日~104日の間受付

購入後60日間

※モットンの()内金額はお試しキャンペーン利用での購入金額(一律2万円引き)です。

 

どちらもキングやクイーンサイズの取り扱いはなく、最大サイズはダブルとなっていました。

 

データから見るモットン マットレスとの違いとは

最初に目に付いたのが、やはり価格の差。

 

こうして見るとトゥルースリーパーはダブルサイズも2万円台で購入できます。

 

そこだけ見るとモットンのマットレスは高すぎるように思えますが、どうやら素材自体が異なるようで、厚み自体もかなり違います。

 

モットンのマットレスは1枚もののウレタンフォームが本体で、厚みが10cmもあります。

 

きちんと復元率が96%あると明記されており、しっかり反発力があって長持ちすることを公式サイトで紹介されています。

 

この厚みと反発力により、布団やマットレスを別に用意する必要がありません。

 

公式でも「布団などを敷かず、固い床などの上に単独で置いてお使いください」とアナウンスされています。

 

難点は湿気に弱く、定期的に陰干しで乾燥させるお手入れが必要だということ。

 

丸洗いできないため消臭スプレーも使えませんが、問い合わせてみたところ、重曹を振りかけて掃除機で吸うとにおい対策になるそうです。

 

もともとホコリがたたない素材で、ダニや虫が住みにくいので、洗わなくても問題ないとのことでした。

 

一方のトゥルースリーパーは網状素材の「ナノブリッド®」と硬わた素材の「ファイバークッション」の2層構造で、各層が3枚ずつに分割されています。

 

つまり合計で6枚のパーツをカバーにセットして使うというスタイル。

 

ズレやヨレが気になりますが、腰だけファイバークッションを表側に入れ替えるなど、自由な組み合わせで調節できるメリットがあります。

 

ただし、トゥルースリーパーは布団などの上に敷いて使用するように説明されています。

 

厚みも5cmなので、通常の布団の半分程度しかありません。

 

固い床の上に直接敷いて使うことは避けた方が良いでしょう。

 

お手入れはトゥルースリーパーの方が簡単な印象です。

 

丸洗い可能な上、分割されているので小柄な方でも洗って干す行程が苦になりません。

 

硬わた素材が入っているので、定期的に洗わないとホコリやダニが住み着く可能性があります。

 

そういった事情からも、丸洗いできるのはかなりのメリットとなります。

 

ちなみに本体の生産国はトゥルースリーパーが日本製。

 

徹底した品質管理のもと製造されているのですが、カバーなど別の付属品などについては日本製かどうか分かりませんでした。

 

ただ、カバーは付け替えもできるので、それほど重視する必要はないと思います。

 

モットンのマットレスは中国製ですが、生産管理を徹底し、完成品の品質チェックは自社でしっかり行われています。

 

安全性も第三者民間試験・検査機関「ボーケン」の試験で赤ちゃんが使用しても問題ない素材で製造されていることが証明されました。

 

腰痛持ちにはどっちがオススメ?

モットンのマットレスとトゥルースリーパーを比較してみたところ、腰痛持ちへの効果は個人ごとに異なるようです。

 

たとえばトゥルースリーパーの口コミを調べてみたところ、体重が重い方ではあまり効果を感じられなかったとの感想がありました。

 

その方は最初低反発タイプのトゥルースリーパーを使い、体重が理由で効果がなかったため、途中で高反発タイプに交換してもらったそうです。

 

この方の場合は高反発タイプのトゥルースリーパーで効果を感じられたそうですが、トゥルースリーパーは厚み5cmで反発力もモットンの最も低反発なタイプと大差ありません。

 

もしもっと体重の重い方が使用したなら、トゥルースリーパーの高反発タイプでは効果をあまり感じられない可能性があります。

 

体重が軽い方であれば、トゥルースリーパーの方が安価ですし、現在使用している布団の上に敷いて使えるので、無駄がなくオススメです。

 

体重が重い方や体格の良い男性は、厚みがあって反発力も高いモットンのマットレスの方が安心して使えるのではないでしょうか。

 

他にも、寝相に注目してみました。

 

モットンのマットレスは寝返りをサポートする効果に着目して製造されているため、実験シーンでも寝返りをうった際になりやすい横向き状態もチェックされています。

 

一方、トゥルースリーパーの方は、体の沈みこみを調整する効果があるマットレスです。

 

寝相によるあらゆる体重移動に対応し、負担が一箇所に集中しないように製造されているのですが、寝返りをサポートする効果までは判然としません。

 

この特徴から、自力で寝返りをうてる方はトゥルースリーパーで十分に腰痛対策ができると言えます。

 

筋力が衰えていたり寝返り回数が少ない方は、寝返りをサポートするモットンのマットレスの方が腰痛対策効果を期待できます。

 

まとめ

今回、モットンのマットレスとトゥルースリーパーを比較してみた結果、一見すると似たような商品でも、まったく魅力が異なることが分かりました。

 

まとめてみると、モットンのマットレスはマットレス単独で使いたい方、体重が重めの方、筋力が少ない方、寝返り回数が少ない方の腰痛対策にオススメです。

 

一方のトゥルースリーパーは、価格を重視する方や丸洗いしたい方、体重が軽めの方、寝返り自体には問題を感じていない方の腰痛対策に向いています。

 

どちらも返品保証が長めなので、両方を実際に使ってみて良いと思った方をそのまま使い続けるという手も良いでしょう。

 

モットンはお試しキャンペーンを利用すると2万円引きとなり、シングルサイズならトゥルースリーパーと15,176円の差まで縮まります。

 

返金キャンペーンも商品到着後91日目から104日の間とかなり長い期間試せます。

 

先にモットンのお試しキャンペーンを利用して90日間試用した後、満足できなかったら返金申し込みをしたお金でトゥルースリーパーを試してみるのはいかがでしょうか。