モットン マットレスと雲のやすらぎを徹底比較!

モットンのマットレスと雲のやすらぎのどちらが腰痛対策に向いているのか、そしてどちらが使いやすいのかを比較してみました。

 

腰痛対策効果はもちろん、見た目やお手入れの手軽さなども重視したいのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

基本データ徹底比較表

モットンと雲のやすらぎをそれぞれ基本データで比較してみました。

 

こうしてデータだけ見るとそれほど大差がないようにも見えますが、調べてみるとかなり違いがありました。

商品名

モットン マットレス

雲のやすらぎ

費用(税込)

シングル
59,800(39,800)円

シングル
39,800円

セミダブル
69,800(49,800)円

セミダブル
49,800円

ダブル
79,800(59,800)円

ダブル
59,800円

キング・クイーン
取り扱いなし

キング・クイーン
取り扱いなし

厚み

10cm

17cm

反発力

100N・140N・170Nの3タイプ

150N程度

素材

1枚もの平形ウレタンフォーム
復元率:96%

ポリエステル・発泡素材
フランス産羊毛ロレーヌダウン

耐久年数

10年

5年

返金保証

商品到着後91日~104日の間受付

なし

※モットンの()内金額はお試しキャンペーン利用での購入金額(一律2万円引き)です。

 

気になるのが厚みです。

 

モットンのマットレスは単独で使えるよう、かなり厚めに作られていますが、雲のやすらぎはそれを上回る17cmでした。

 

データから見るモットン マットレスとの違いとは

モットンのマットレスは、他社の似たような高反発マットレスや低反発マットレスに比べて厚みのある商品です。

 

効果をしっかり実感してほしいとのことから、マットレス単独で使えるようになっているためです。

 

しかし、雲のやすらぎはそれを上回る17cmの厚み。

 

とにかく布団は厚いものが良いと考えている方には、これだけで雲のやすらぎの方が魅力的に思えるのではないでしょうか。

 

ただ、気になったのが返金保証がないこと。

 

調べてみると、雲のやすらぎにお試しキャンペーンなどはなく、返品も通常のクーリングオフ扱いのもののみ。

 

新品未使用かつ購入後7日以内での返品に限り、受け付けるとのことでした。

 

こういった布団は、正直寝てみないと価値が分かりません。

 

寝心地はもちろん、使い続けることで本当に腰痛が改善されるかどうかは、数日間使ってみないと判断できないでしょう。

 

しかし、雲のやすらぎは返品する際は新品未使用でなければならないため、実際に使ってみて「合わなかったので返品したい」と言うことはできないのです。

 

すでに家族や知り合いが使っていて、一度試させてもらった経験のある方ならそれでも問題ありませんが、こういった腰痛対策のマットレス自体を初めて購入する方は不安でしょう。

 

商品そのものは公式サイトの案内を見る限り、モットンと非常によく似た考えのもと作られています。

 

体への体重負担分散だけではなく、寝返りによる人が本来もつ体のゆがみ矯正能力をサポートできる効果にも着目しています。

 

ただ、どんなに効果的でもやはりお試しできないというのは不安が残ります。

 

それだけ品質に自信があるともとれますが。

 

購入金額は定価で比べると雲のやすらぎが安いのですが、お試しキャンペーンでモットンのマットレスを購入した場合は同額となります。

 

送料もどちらも無料なので、価格で比較するとしたら単純な費用ではなく、素材などのコスパ面を見る必要があります。

 

耐久年数は問い合わせたところ、モットンのマットレスが10年ほどで、雲のやすらぎは5年前後。

 

体重が重い方や体格の良い方は、3年前後を目安に交換した方が良いそうです。

 

同じ金額で購入するのであれば、単純に考えると耐久年数の長いモットンの方に軍配が上がります。

 

腰痛持ちにはどっちがオススメ?

腰痛対策として購入するのであれば、正直な話、どちらを選んでも良いと思います。

 

ただ、安心して購入できるのは、返品保証や返金保証が明記されているモットンのマットレスの方です。

 

機能としてはモットンのマットレスも雲のやすらぎも、就寝時の腰への負担や、それを予防する寝返りのしやすさに着目して製造されています。

 

モットンは高反発で寝返りをサポート。

 

日本人は欧米人に比べ筋力が少ないため、高反発にすることで寝返りしやすくなるのだと解説されていました。

 

雲のやすらぎも、どちらかというと高反発に分類されます。

 

こちらは寝返りそのものをサポートするのではなく、寝返りすることによって体重が一点に集中するリスクに対策しています。

 

凹凸のあるアルファマットを内蔵しており、凹凸の点で体を支えることにより、腰への負担集中を避けるという考えです。

 

お手入れ方法も調べてみたところ、どちらも乾燥が重要でした。

 

モットンのマットレスと同じく雲のやすらぎも丸洗いは避けるべき商品です。

 

ただし、多少の水濡れであれば水分を拭きとって風通しの良い場所で乾燥させれば問題ないとのこと。

 

汗っかきな方や夜尿症に悩んでいる方は雲のやすらぎを選ぶ手もあります。

 

ですが、防水シーツを使えばモットンのマットレスも水濡れする心配はないため、重視するほどではないでしょう。

 

ただ、厚みや構造を考えると、普段のお手入れをしやすいのは女性でも持ち運べる厚みと重さのモットンだと感じました。

 

結局は耐久年数で選ぶか、見た目で選ぶかというところに落ち着きそうです。

 

長く使いたい場合は耐久年数を公式サイトでも明記している上、お試しキャンペーンでの試用期間も長いモットンのマットレスを。

 

また、小柄で普段のお手入れで苦労したくない方も、重さ10kg未満で持ち運びやすいモットンのマットレスがオススメです。

 

対して、フランス産羊毛も入って、一見するとかなりぶ厚めに作られた高級ふとんのように見える雲のやすらぎ。

 

見た目の高級感も重視したいなら、雲のやすらぎを検討してみても良いと思います。

 

耐久年数が公式サイトでは明記されていないので、普段使いというよりゲストルームでお客様に時々使っていただく程度がオススメ。

 

モットンは90日間試せる上、使用後でも通常の使用でつく汚れであれば返金してもらえます。

 

お試しできない雲のやすらぎとモットンのマットレスで迷っているのであれば、お試しできるモットンのマットレスから先に試した方が損をせずに済むのでオススメです。

 

まとめ

モットンのマットレスも、雲のやすらぎも、機能面で言えばそれほど大差はありませんでした。

 

どちらも寝返りによる自然な体のゆがみ矯正を期待できる構造ですし、寝ている時の腰への負担集中もうまく分散される仕組みになっています。

 

どちらを選ぶかは、機能よりも見た目やお手入れの手軽さで考えた方が良いでしょう。

 

見た目が高級な印象を受け、多少の水濡れなら問題なく使えるのは雲のやすらぎです。

 

モットンのマットレスは付属のバンドで折り畳めたり重さが10g未満と女性でも持ち運びやすい工夫がなされています

 

水濡れ対策は防水シーツを敷くだけで対策できるので、お手入れの手軽さ重視ならモットンのマットレスの方が魅力的です。

 

個人的には、お客様用には高級感のある見た目の雲のやすらぎを、自分が普段使うものは耐久性もあってお手入れしやすいモットンのマットレスを使い分ける方法がオススメです。