モットン マットレスとエイプマンパッドを徹底比較!

モットンのマットレスとエイプマンパッドは良く似た商品ですが、どこか違うのか比較してみました。

 

価格の面では圧倒的にエイプマンパッドに分がありますが、その代わり品質への安心感が不明瞭なので、一長一短といった印象です。

 

基本データ徹底比較表

モットンのマットレスとエイプマンパッドを比較してみると、全体的にエイプマンパッドの方が使いやすさがあり、耐久年数ではモットンのマットレスが信頼できるという印象でした。

商品名

モットン マットレス

エイプマンパッドH3

費用(税込)

シングル
59,800(39,800)円

シングル
15,800円

セミダブル
69,800(49,800)円

セミダブル
18,800円

ダブル
79,800(59,800)円

ダブル
21,800円

キング・クイーン
取り扱いなし

キング・クイーン
取り扱いなし

厚み

10cm

10cm

反発力

100N・140N・170Nの3タイプ

170N

素材

1枚もの平形ウレタンフォーム
復元率:96%

APPU硬質フォーム

耐久年数

10年

明記なし

返金保証

商品到着後91日~104日の間受付

購入91日後から1週間以内

※モットンの()内金額はお試しキャンペーン利用での購入金額(一律2万円引き)です。

 

中芯がウレタンフォームではないため、エイプマンパッドはまる洗いできる特性があります。

 

ただ、厚みも反発力も大差ないのに価格が違いすぎるのが気になるところです。

 

データから見るモットン マットレスとの違いとは

厚みは両方とも10cmと一般的な布団の厚みを同じで、床に直に置いて単独使用ができます。

 

反発力は100N、140N、170Nと3種あるモットンのマットレスに対し、エイプマンパッドは一律170N。

 

体重が重めの方や男性は170Nや140Nのどちらかを選ぶことが多いため、安価なエイプマンの170Nを試してみて体に合わなかった場合はモットンの140Nを試しても良いでしょう。

 

平均的な反発力は140Nなため、人によっては170Nがデフォルトのエイプマンパッドでは硬すぎる可能性があります。

 

嬉しいのが、モットンのマットレスもエイプマンパッドも90日間のお試し期間が設けられている点。

 

お金やスペースに余裕のある方は、同時に注文して両方を直に体験して比較することもできます。

 

90日経った後に所定通りの手続きで体に合わなかった方を返品するだけで、損をせずに自分に合ったマットレスのみが手元に残ります。

 

ただ、気になるのが安すぎる点です。

 

同じ厚みや反発力を持ちながら、素材が違うだけでこんなに安くなるものでしょうか。

 

モットンのマットレスや他社の某高級高反発マットレスは外部機関による検査結果でその安全性や効果を明記していますが、エイプマンパッドは調べてみたところ、それらしいデータはありませんでした。

 

値段重視で「いつへたれても良い」と考えているのであれば、エイプマンパッドを体感してみても良いと思います。

 

しかし、多少高くても高確率で長持ちするものを選びたいのであれば、10年は耐久できると明言されているモットンのマットレスの方が良いでしょう。

 

硬さもエイプマンパッドは一律なので、筋肉量の少ない女性や高齢者、子供が使用すると硬すぎて眠りにくくなるかもしれません。

 

耐久性や情報の不明瞭さを抜きにしても、もう少し柔らかめのマットレスから試した方が腰を痛めずに済みます。

 

腰痛持ちにはどっちがオススメ?

腰痛の原因の一部である体のゆがみや血流の滞りは、高反発マットレスの硬さで改善が期待できます。

 

たとえば高反発のベッドなどに体を横たえると、全身の体重が均等に全身へ分散されてかかります。

 

これを一般的なふとんで行えば、腰など一部の部位に集中的に体重がかかることが分かっています。

 

これにより腰を痛めたり、血流が滞ったりするのですが、そんな悩みの解決を手助けしてくれるのが、高反発マットレスの反発力です。

 

全身に体重を均等にわけることで体の一部のみに負荷が集中する心配がなく、血流の改善も見込めるため、腰痛にもある程度の効果があると言えます。

 

モットンのマットレス同様、寝返りしやすさも魅力です。

 

ただし、エイプマンパッドは3分割されたマットレスなので簡単に折りたためるのですが、その接続部分が気になるという声もありました。

 

接続部分からへたりやすかったり、ずれが生じやすいという難点も存在するため、腰痛改善のために高反発マットレスを使用するのであれば、1枚モノの方が安心です。

 

へたれるリスクが3分割タイプよりも少なく、ずれたりする心配もありません。

 

これらが気にならない方の中で、170Nの硬い高反発マットレスをお探しの方であれば、問題なく使えるはずです。

 

少しでも気になる方は、モットンのマットレスのように1枚モノをオススメします。

 

エイプマンパッドは腰痛対策とは明言されていませんが、機能面から考えると腰痛対策への期待はできます。

 

しかし、やはり腰痛対策を考えて開発されたわけではなく、さらに別の素材を使用している点が気になるのも事実です。

 

確実に腰痛対策をしたい方はモットンのマットレスから試してみてください。

 

硬めが好みの方や、まずは値段重視したいという方は、エイプマンパッドの機能に賭けてみるのも良いでしょう。

 

まとめ

モットンのマットレスも、エイプマンパッドも、どちらも十分な厚みと反発力があります。

 

エイプマンパッドにいたっては、人によっては硬すぎると感じるかもしれません。

 

気になったのがエイプマンパッドの耐久年数が不明瞭なところですが、価格の安さから考えると、数年でへたれても仕方ないと諦められそうです。

 

一方のモットンのマットレスは、耐久年数が10年と明記されているため、何より長持ちするものを選びたい方にはぴったりのマットレスです。

 

特徴が非常に良く似ているため、結局は価格を重視するか、長持ちしやすさを重視するかになるでしょう。

 

どちらもお試し期間が3ヶ月ほどあるため、両方をじっくり試してから自分にあった硬さを選ぶようにしてください。

 

ただし、エイプマンパッドの方が返品期間が90日のお試し終了後から1週間以内と短めなので、注意してください。