モットン マットレスとエアリーマットレスを徹底比較!

モットンのマットレスとエアリーについて、その効果や特徴を比較してみました。

 

比較的安価で購入できるエアリーですが、一方で厚みがモットンのマットレスの半分しかありません。

 

この差に効果は影響するのかなどをご紹介します。

 

基本データ徹底比較表

モットンのマットレスと、アイリスオーヤマのエアリーマットレスを比較するにあたって、エアリーも硬めタイプのデータを選びました。

 

商品名

モットン マットレス

エアリーマットレスAPMH

費用(税込)

シングル
59,800(39,800)円

シングル
23,090円

セミダブル
69,800(49,800)円

セミダブル
30,780円

ダブル
79,800(59,800)円

ダブル
34,765円

キング・クイーン
取り扱いなし

キング・クイーン
取り扱いなし

厚み

10cm

5cm

反発力

100N・140N・170Nの3タイプ

かためタイプ102.2N

素材

1枚もの平形ウレタンフォーム
復元率:96%

新素材エアロキューブ(R)

耐久年数

10年

明記なし

返金保証

商品到着後91日~104日の間受付

なし

※モットンの()内金額はお試しキャンペーン利用での購入金額(一律2万円引き)です。

 

価格を見るとエアリーが魅力的に思えますが、気になるのが5cmという厚さです。

 

床の上に置いて単独使いできると書かれていますが、モットンのマットレスの半分しかない厚さで問題ないのでしょうか。

 

データから見るモットン マットレスとの違いとは

価格面で考えるとエアリーは低価格で購入できるため、高反発マットレスを初めて購入するという人でも気軽に手を出しやすい印象があります。

 

しかし一方で、口コミには「安い分へたりやすい」という声も多く、長期間の使用は期待できません。

 

モットンのマットレスと違い、まる洗いできる素材でできている点は評価できます。

 

新素材のエアロキューブ(R)は、通気性抜群の高反発素材で、ウレタンフォームのように水気を吸って変質する心配がありません。

 

シャワーで洗うことができ、スポンジのように空気の通るすき間が多く作られているため、洗った後も短時間で乾きます。

 

この速乾性がへたりやすさを生んでいるという声もありますが、とにかくまる洗いしないと落ち着かないという方は、一度エアリーを試してみても良いのではないでしょうか。

 

厚みが5cmしかないため、単独でも使えるとありますが布団やマットレスの上に敷いて使われることをオススメします。

 

とくに体格の良い方は、床の硬さを感じてしまい腰痛が悪化する可能性があるので要注意です。

 

この厚みの問題点とシャワーでまる洗いできるメリットを考慮すると、体重が比較的軽めの方やお子様用に購入されるのが良いでしょう。

 

あるいは、お客様用にしておくと、毎日使うわけではないのでへたりも早く訪れることがありません。

 

お客様用はとくに衛生面も気をつかうため、まる洗いできるエアリーは安心です。

 

速乾性の高さも急に明日人が来ることになったという時も、前日の夜に洗って干しておけば翌日にはきちんと乾いています。

 

綿が使用されていないことからホコリもたちにくく、虫も発生しにくい特徴があります。

 

お子様やお客様、そしてホコリアレルギーの方でも安心して使えるのでオススメです。

 

体格が良い方などは、やはり厚みや反発力、素材の面からしても、モットンのマットレスの方が合っていると思います。

 

こちらは10cmも厚みがあり、耐久年数も公式サイトで10年と明記されているほど高品質です。

 

反発力もエアリーのかためタイプに近い100Nから、さらに硬い170Nまで3種類用意されています。

 

とくに170Nは体重が重い方や体格の良い方でも、沈み込む心配なく利用できる硬さです。

 

価格の面だけを見るとエアリーが魅力的に思えますが、以上のように耐久年数や厚みなどを考えると、もう1万円少し多めに払って10年耐久のモットンのマットレスを検討してみても良いでしょう。

 

腰痛持ちにはどっちがオススメ?

腰痛持ちの方には、正直に言ってエアリーはあまりオススメできません。

 

まずはやはり5cmという極端に薄い厚みによるへたりやすさです。

 

9cmなど厚めタイプもありますが、使用されている素材が同じため、あまり耐久年数に違いは出ない程度の違いです。

 

エアリーも全身の体重を分散する効果が期待できるのですが、それ以外の効果やメリットが感じられないのが実態です。

 

とくに男性は筋肉量や体格の関係でマットレスがへたりやすく、人によっては1年もつか否かというほど変質が激しいようです。

 

一方のモットンのマットレスは、全身の体重分散に加え、一般的なふとんと同等の厚み10cmで作られています。

 

腰への負担も少なく、適度な硬さで寝返りもしやすいです。

 

基本は仰向けで使用することを想定して作られていますが、厚みがあるため横向きで眠っても床の硬さを感じるほど沈み込むことがありません。

 

本体をまる洗いできない難点がありますが、本体は虫をよせつけにくいウレタンフォームなので、定期的に風通しの良いところで乾燥させる程度のお手入れで十分。

 

汚れやにおいが酷い場合は重曹を振りかけて掃除機で吸い取るだけで、かなり改善されます。

 

まる洗いでなくても虫などが住み着かないなら構わないという方は、腰への負担も軽減でき寝返りで腰痛の原因となる体のゆがみ改善をサポートしてくれるモットンの方がオススメです。

 

まとめ

モットンのマットレスによく似た機能を持つエアリーを比較してみたところ、値段相応のものだと感じました。

 

安くて手軽に購入できる一方で、厚みが少ないエアリーは耐久年数も少なめとの口コミ多数。

 

はじめて高反発マットレスを試してみるという方にはちょうど良い体験アイテムとなりますが、腰痛を改善するためにマットレスを探しているのであれば、エアリーはあまり向いていません。

 

体重分散機能があるため痛みの改善は期待できますが、根本的な部分の治療や改善には至らないでしょう。

 

モットンのマットレスはエアリーに比べると1万円ほど高額となりますが、耐久年数は10年あり、厚みも2倍です。

 

体感するだけならエアリーでも十分だとは思いますが、腰痛を改善したい方は、思い切ってモットンのマットレスを検討してみてください。

 

公式サイトでお試しキャンペーンを利用して購入すると、合わなかった場合は返金保証があります。

 

また、体重が軽い方はエアリーを、標準や重めの方はモットンのマットレスを、と体の特徴で選ぶ方法も失敗しにくく、オススメです。