モットン マットレスとエアウィーヴを徹底比較!

モットンのマットレスとエアウィーヴはどちらが腰痛対策に最適なのか、こちらで比較してみました。

 

お手入れの手軽さでリードするエアウィーヴですが、腰痛持ちの人が使うには、体重や体格によっては慎重に選ぶ必要がありそうです。その理由をご紹介します。

 

基本データ徹底比較表

モットンのマットレスとエアウィーヴの同様タイプ、スマートZシリーズで比較してみました。

 

どちらも硬い床の上に直接敷いて使用できるマットレスです。

商品名

モットン マットレス

エアウィーヴ スマートZ

費用(税込)

シングル
59,800(39,800)円

シングル
42,120円~

セミダブル
69,800(49,800)円

セミダブル
50,760円~

ダブル
79,800(59,800)円

ダブル
59,400円~

キング・クイーン
取り扱いなし

キング・クイーン
別タイプであり

厚み

10cm

9cm

反発力

100N・140N・170Nの3タイプ

表記なし

素材

1枚もの平形ウレタンフォーム
復元率:96%

ポリエチレン・ポリエステルの2重構造

耐久年数

10年

3年

返金保証

商品到着後91日~104日の間受付

購入から30日間のクーリングオフ

※モットンの()内金額はお試しキャンペーン利用での購入金額(一律2万円引き)です。

 

データを見る限り、それほど大差はありません。

 

ただ、エアウィーヴは反発力を明確に発表してはいないため、反発力で購入を検討することは難しそうです。

 

データから見るモットン マットレスとの違いとは

エアウィーヴは低反発タイプや布団タイプ、ベッド用マットレスタイプなどもあり、種類が豊富です。

 

高額商品も多く、中には30万円を超える商品や、電話注文でキングやクイーンサイズを購入できるものも存在します。

 

個別に問い合わせる面倒はありますが、大きめサイズを購入したい人はエアウィーヴで相談してみるのも良いでしょう。

 

また、絶対洗いたいという方はエアウィーヴが向いているかもしれません。

 

マットレスは3分割されており、カバーでマットレス状に組み立てるようにできています。

 

まるごと洗い可能な素材でもあるため、分割して手軽に洗えます。

 

難点といえば、エアウィーヴの本体であるポリエステル素材です。

 

ポリエステルは帯電しやすく、静電気が起きやすい特徴を持っています。

 

ホコリを生み出しにくい素材ではありますが、この静電気で空気中のホコリやちいさなゴミを付着させてしまう可能性があるのです。

 

丸洗いできるからといって、カバーを外しっぱなしで保管していると、知らぬ間に空気中のホコリを吸着させて汚れてしまうかもしれません。

 

ホコリはダニの住みかやエサにもなるため、エアウィーヴを使用する場合は保管方法に注意すべきです。

 

モットンのマットレスはまるごと洗いができませんが、ホコリが発生しにくい素材でできている上、ダニなどの害虫も住みつきにくい素材です。

 

洗うためにマットレスを裸にするという機会もないため、空気中のホコリなどで汚れる心配も低いメリットがあります。

 

まる洗いができないモットンのマットレスですが、何のお手入れもできないわけではありません。

 

基本は乾燥によるお手入れですが、ひどい汚れやにおいが染み付く可能性も考えられます。

 

その場合はどうするのか、消臭スプレーをかけても良いのかモットンジャパンに問い合わせたところ、消臭スプレーも避けてほしいとの回答でした。

 

代わりに教えてもらったのが、重曹によるお手入れです。

 

汚れやにおいのある場所が見えなくなるほど重曹を振りかけ、しばらく置いたあとに掃除機で吸い取れば改善されるそうです。

 

このことから、絶対にまる洗いしたい方はエアウィーヴを保管方法に注意して使うことをオススメしますが、綺麗になるなら洗えなくても良いという方はモットンのマットレスを選んでも良いと感じました。

 

腰痛持ちにはどっちがオススメ?

モットンのマットレスが腰痛に良い理由は、高反発性による寝返りサポートの効果にあります。

 

低反発マットレスのように体が沈みこむことがないため、寝返りに多くの力を使わずに済み、寝返りのたびに目が覚めてしまわずに済みます。

 

実はこのコンセプト、エアウィーヴも採用しています。

 

エアウィーヴも高反発マットレスの効果により、寝返りしやすいようにできているのですが、気になるのはモットンのマットレスのように明確な反発力の表記がないこと。

 

モットンのマットレスは、100N、140N,170Nの3種から選べるようになっていますが、エアウィーヴには反発力の明確な表記や、選択肢がありませんでした。

 

ふとんタイプやふとんの上に敷くタイプなど、複数の種類があるので探していけば自分の体に合ったものが見つかりそうですが、勘で選ぶか電話で相談するしかないのが難点です。

 

平均より体重が極端に重かったり体格が良い人などで電話が苦手な方にとっては、最適なものを探すのにちょっとハードルが高いと感じるかもしれません。

 

腰痛の原因である腰への偏った負担や体のゆがみは、マットレスの硬さが合わないだけで発生しやすくなります。

 

購入したマットレスに違和感を覚えても、高いものを買ったからと無理して使い続ければ腰痛は治るどころか悪化してしまいます。

 

そのため、マットレスは反発力による硬さもきちんと考えて選ぶ必要がありますし、合わないものを使い続けるのは避けなくてはなりません。

 

硬さの明確な選択肢がないという点を考えると、モットンのマットレスとエアウィーヴでどちらを試すが迷っている方は、モットンのマットレスから先に試してみてはいかがでしょうか。

 

モットンは反発力が3種類ある上、お試し期間が90日と約3ヶ月設けられています。

 

エアウィーヴも30日間のクーリングオフ制度を設けていますが、あくまでクーリングオフなので使用後の返品は期待できません。

 

モットンのように、通常の使用範囲での汚れであれば使用後も返品できるというのは、マットレスでは結構珍しい制度のようです。

 

せっかくなので活用してみることをオススメします。

 

90日間モットンのマットレスを試してみてから、満足できなかった場合にエアウィーヴを試してみると、失敗せずに自分にぴったりのマットレスを見つけられます。

 

特にエアウィーヴは高額タイプもあるので、絶対に失敗したくない買い物です。

 

高反発マットレスを初めて体験するという方は、腰痛へのアプローチが同じで返品しやすいモットンのマットレスから試してみてからエアウィーヴの購入を検討してはいかがでしょうか。

 

まとめ

モットンのマットレスも、エアウィーヴも、腰痛の改善には寝返りが重要だという考えのもと開発されました。

 

そのため効果についてはどちらを選んでも問題ないと言えるのですが、残念ながらエアウィーヴは明確な反発力の表示がありません。

 

人それぞれの体重や体格によって適切な硬さは異なります。

 

そのため、硬さの選択肢がないとなかなか自分に合ったものを見つけるのは困難でしょう。

 

モットンのマットレスは、その点が他商品と違うと感じました。

 

100N、140N、170Nと3種類あるので、自分に合った硬さを探すことができます。

 

しかも、公式サイトのお試しキャンペーンを利用すれば、2万円安くなる上、3ヶ月試した後に返品するか否かを決められます。

 

まるごと洗えたり、専用バンドがなくても簡単に折りたためるメリットがあるエアウィーヴ。

 

毎日使うことを考えると魅力的な手軽さがありますが、腰痛に悩んでいる方は使い勝手の良さよりも反発力の高さが選べるなど効果に直結する部分を考えることも大切です。